読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Finland スメオンリンナからムーミンまで。

ヘルシンキは、とりあえず近いし、行こうかな、、、くらいだったんだけど、旅友がネットを駆使して調べてくれました。

 

ヘルシンキ内の交通機関乗り放題の2dayパスもあり、厳密に言うと、使用開始から48時間なんだけど、トラムを乗り継ぎ町散策。

f:id:amikasai31:20170517120338j:image

f:id:amikasai31:20170517120551j:image f:id:amikasai31:20170517120601j:image

ヘルシンキ大聖堂。

 f:id:amikasai31:20170517124037j:imagef:id:amikasai31:20170517123957j:image f:id:amikasai31:20170517124016j:image f:id:amikasai31:20170517124113j:image

f:id:amikasai31:20170517145027j:image f:id:amikasai31:20170517124148j:image

ロシアのアレクサンダー二世?の像。

 海近くに行くとold market

f:id:amikasai31:20170517124653j:image

f:id:amikasai31:20170517124549j:image  f:id:amikasai31:20170517124631j:image 

f:id:amikasai31:20170517124735j:image

 乗り放題券は船もok。15分。

世界遺産のスメオンリンナ。 

f:id:amikasai31:20170517141326j:image

f:id:amikasai31:20170517141800j:image

f:id:amikasai31:20170517141807j:image

白鳥@海   

f:id:amikasai31:20170517141926p:image  f:id:amikasai31:20170517141928j:image

f:id:amikasai31:20170517142016j:image

昔、この島はスウェーデン統治時代にロシアに対する要塞として使われていた。

その後、ロシア支配下に置かれたこともあるらしい。

f:id:amikasai31:20170517142141j:image

今も使われている木造船のドック。

船を作る場所。

f:id:amikasai31:20170517142207j:image f:id:amikasai31:20170517142240j:image

 ウスペンスキー教会。

北欧1大きなロシア正教会らしい。

f:id:amikasai31:20170517142452j:image 

f:id:amikasai31:20170517142639j:image f:id:amikasai31:20170517142649j:image

f:id:amikasai31:20170517142735j:image f:id:amikasai31:20170517142739j:image 

f:id:amikasai31:20170517142827j:image f:id:amikasai31:20170517142823j:image

ロシアよりは、煌びやかさが少ないが、

シンプルな美しさ。

 

歩いて疲れたので、カフェへ。

ムーミンがやたら好きな人がいて、その話もしてたからか、旅友は、ムーミンカフェもルートにいれてくれました。

f:id:amikasai31:20170517143049j:image f:id:amikasai31:20170517143105j:image

f:id:amikasai31:20170517143115j:image f:id:amikasai31:20170517143128j:image

f:id:amikasai31:20170517143149j:image f:id:amikasai31:20170517143223j:imagef:id:amikasai31:20170517143211j:image f:id:amikasai31:20170517143234j:image

f:id:amikasai31:20170517143246j:image f:id:amikasai31:20170517143342j:image

f:id:amikasai31:20170517143311j:image

何がいいって、このカフェには

赤ちゃんをベビーカーに乗せて、さらに小さな子を連れたお母さんから、歩行補助器を使った年配の夫婦、仕事?してる若い人までが利用してるとこ。

フィンランドの国の力を見た気がした!