ロシアの宝石都市。

ロシア人は、

サンクトペテルブルクは良い!という。 

オシャレやし、建物もすごいなとは思ったが、、、、今日、街ブラしてみて、、

wow!!!amazing!! だった。

スリ未遂事件があったから、正気になれたけど、ちょっと浮かれ気味なくらい。

f:id:amikasai31:20170515032356j:image

イサク聖堂。世界で3番目?に大きい教会建築。

f:id:amikasai31:20170515032534j:image f:id:amikasai31:20170515032551j:image

階段を登り、上に行くと、、、

f:id:amikasai31:20170515032637j:image

街が一望できる。低い柵があるだけ。 

なんでもここは湿地帯だったらしい。周りはキャベツ畑の写真があった。そんなところなので、地盤を固めに固めて建築したらしく、技術がすごい。

 f:id:amikasai31:20170515033528j:image  f:id:amikasai31:20170515044641j:image

この柱は、花崗岩の1枚岩からできてるらしい。マグマが地下深くでゆっくり冷え固まったあれ。深成岩で等粒状組織からなってるあれです。とにかくでかい!48本の円柱、高さ17m、直径1.8m、重さ114トン。柱を全部建て終わるまでに2年もかかったらしい。

f:id:amikasai31:20170515035457j:image   f:id:amikasai31:20170515035509j:image 

滑車を使って立ててたらしい。なるほど。仕事の原理やな。

で、、、中に入ると、、、言葉を失う。

f:id:amikasai31:20170515032842j:image  f:id:amikasai31:20170515032856j:image 

f:id:amikasai31:20170515032917j:image

f:id:amikasai31:20170515033016j:image f:id:amikasai31:20170515033035j:image

ちょっと写真に収まりきらない。

、、、この都市自体がロシアの宝だわ。

しばし、ベンチに座り堪能。ミサ?の賛美歌も聴くことができた。響きが美しい。

 

16時だけど、今は、夜も明るいから開館時間も長いし、血の上の救世主教会へ。

f:id:amikasai31:20170515040007j:image f:id:amikasai31:20170515040022j:image

f:id:amikasai31:20170515040106j:image f:id:amikasai31:20170515040119j:image

f:id:amikasai31:20170515043718j:image

これ全て、1cm四方程度のタイルを貼ってできてるモザイク画。すごすぎる!

f:id:amikasai31:20170515040203j:image f:id:amikasai31:20170515040205j:image

美しさを伝える表現力がなさ過ぎて泣く。あー、伝えたい!

f:id:amikasai31:20170515040330j:image

近くの公園の花さえも完璧に感じた。

 

今日は、母の日ということもあり、

美容師だった母を想い、

髪を切ることにした。

 

途中、ドストエフスキーが、罪と罰を執筆したアパートの一階に床屋が!

ヒゲ看板だし、ちょっと躊躇。

f:id:amikasai31:20170515040709j:image   f:id:amikasai31:20170515042355j:image

宿近くに、、、あった!

f:id:amikasai31:20170515041249j:image f:id:amikasai31:20170515041256j:image

before

f:id:amikasai31:20170515041318j:image

after

お任せで、ロシアテイストに。

髪の分け目とか、毛の流れを変えるくらい引っ張りながらカット。どうかな?

次はどこで切ろうかなあ?

 

f:id:amikasai31:20170515041613j:image

f:id:amikasai31:20170515041639j:image

夕飯は、〜dashi de soumen〜

いわゆる、出汁で素麺。

昨日、たまたま!?ロシアに旅行に来ていた叔母に会った時に、素麺をくれたので、早速食した。

ニンニクと玉ねぎときゅうりを炒めて、湯がいた素麺と顆粒のダシをいれて、炒めた夕飯。意外に美味しいんですよ。

ありがとうございました。

 

明日は夜から、ヘルシンキに向かいます。

 f:id:amikasai31:20170515043441j:image

ただいま、22時34分。暗くならん!

 

 

 

 

 

 

気の緩みが出てきたな、、、

いやあ、今日は目が覚めた!

チャックあけるスリにあった!が、未遂で済んだという話。

 

状況としては、私がリュックを背負い、友人がカメラだけで、何も持たず隣。

大きなチャックには、ダイヤルロック。

外の小さなポケットの方にはレシートなどで、チャックのみ。

 

今日は人がたくさん。友人がコツンと人にぶつかり、私の背中のリュックを見ると外側のポケットのチャックがあいている。3人の男性。友人がすぐさま、あいてる!と言ってそこにいた3人の顔をまじまじ見るも、全然知らん顔。

確実にあの人らや!でも、あの状況で、あんたら!言うても、逃げられるわな。

 

で、思い返すと、様々な都市で、時々リュックのポケットのチャックがあいている人がいた。あいてますよ!と声をかけようと何度もしたのが蘇る。あれ、声かけたら、私が疑われたんかも、、、

そういや、周りの人が見えてるんじゃないの?という状況でも指摘できないんは、犯人が特定できない上に疑われるのを防ぐ為かも、、、。と、あってるかはわからないけど、気が引き締まった。

 

余計なものは持たない。身軽で、気にして移動する。良い勉強になった。ここは外国なんや。まあ、日本でも、、、なんだけどね。

サンクトペテルブルク着

旅に出て1ヶ月。

毎日毎日、自由を感じる。好き勝手できるという意味でなく、必要かなと今まで思っていたものが、一つ一つはがされて、本当に必要なものだけが残る感じ。

物理的にも、精神的にも動きやすく、身軽だなと感じる。自由だなと感じる。

 

そうすると、シンプルな感覚が研ぎ澄まされる。今、自分が欲するもの。美しいなあと感じたり、味や匂いに気づいたり、自然の営みを地球規模で感じたり、今、まさに豊かな時間を過ごせてます。

 

今日は、st.peterburg 

サンクトペテルブルクという都市に着きました。レニングラードと呼ばれていた時期もありました。ロシア人は皆、美しい都市だ!と言ってましたが、建物など本当に美しい。

f:id:amikasai31:20170514040201j:image

f:id:amikasai31:20170514040218j:image f:id:amikasai31:20170514040234j:image

f:id:amikasai31:20170514040252j:image

f:id:amikasai31:20170514040314j:image

f:id:amikasai31:20170514040340j:image

f:id:amikasai31:20170514040417j:image

モスクワのものと違いますよ〜。

 f:id:amikasai31:20170514040609j:image

地下鉄が世界一深いらしい。

f:id:amikasai31:20170514040528j:image f:id:amikasai31:20170514040544j:image

相変わらず地下鉄美しい。

f:id:amikasai31:20170514040645j:image

色々寄って、9時半帰宅。21時でこの明るさ。体内時計が狂うわ、、、

モスクワ最終日

今日は、友人が一緒におれる日。

今回、友人には本当にお世話になり、聞いて見れば5年以上ぶりの再会。もはや、何年前だったかわからない。

色々調べてくれたんやろうなあ。

本当にありがとう。

f:id:amikasai31:20170513122341j:image f:id:amikasai31:20170513122722j:image

大きな市場。品質の良い?ものだから、ちょっと高めらしいけど、色鮮やかで楽しい。

f:id:amikasai31:20170513122846j:image 

すごく楽しい。目当ては、ランチ。

f:id:amikasai31:20170513122906j:image 

f:id:amikasai31:20170513123039j:image

ロシア料理にも飽きてるんじゃないかと探してくれたベトナム料理のフォー。絶品。葉物は食べないって決めていたんだけど、、、ほっとする〜。

葉には細菌がいて、洗いきれてない可能性が高いかな、、、なんて昔の経験からキュウリ、トマトなんかは食してたけど。ロシアに入って、いっちゃってるな。 

f:id:amikasai31:20170513123553j:image

おきまりのクバース。フルーツ入り。

白なんだけど、かなり美味。40ルーブル。80円くらいか。

 f:id:amikasai31:20170513123858j:image

f:id:amikasai31:20170513123954j:image

f:id:amikasai31:20170513124009j:image

f:id:amikasai31:20170513124118j:image

その後は、モスクワ川を船でクルーズして、本当に豊かな、幸せな時間を過ごした。クルーズを終えて、友人とお別れ。

f:id:amikasai31:20170513124350j:image

ここ、初日に友人と待ち合わせしたとこ。この階段を駆け下りたんだわ〜。

 

で、友人と別れた後は、歴史的トイレへ。ソ連時代は、閉鎖されたというトイレ。使用料150ルーブル。約300円。

シャワーもあって500ルーブル

f:id:amikasai31:20170513125426j:image

f:id:amikasai31:20170513125445j:image

f:id:amikasai31:20170513125541j:image f:id:amikasai31:20170513125558j:imagef:id:amikasai31:20170513125629j:image

一回行ってみるのはありだな。シャワー、どんな感じかな?利用してる観光客は結構いました。

 

f:id:amikasai31:20170513125938j:image

で、トイレに行き、ロシア人なら老若男女が愛するアイスを食べて帰りました。

 

13日は、サンクトペテルブルクに移動です。 

 

 

 

 

 

 

モスクワ2日目

朝はゆっくり、昼から行動。

f:id:amikasai31:20170512131931j:image

友人が教えてくれた地下鉄が地上を

走る外環に乗り換えて、半周した。

乗り放題切符は、旅を自由にするツール

 煩わしさや、金額の心配がいらない。

 

駅は、相変わらず芸術。ビザが許せば、

全ての駅を撮影して写真集を出すな。

f:id:amikasai31:20170512131544j:image

f:id:amikasai31:20170512131553j:image

向かう先は、旅友が見つけた昼食場所。

f:id:amikasai31:20170512131858j:image

北朝鮮国営レストラン。

ロシア語でkope。 高麗 koryo と読む

 

美味しかった。日本で知らない間に、この味に慣れ親しんでたんやろな。

店員さんは多分、北朝鮮の人。すごく丁寧で、愛想も良い。ロシアの人は、一度話すと表情が出るけど、なかなか表情が硬い人が多い。日本人は、愛想笑いって言葉があるけど、はにかんだり、目が合うと、表情緩む人が多い気がする。

で、店員さん。とってもにこやか。所作っていうんかな。動きも本当にスムーズ。お皿を置いたり、さげたり、国営だからなんかな?ガチャガチャならない感じは、すごい。値段は、ビピンパ600円日本円くらいかな?安いとは感じなかったけど、、、。レシート見たら、お茶なんかな?1200円くらいしてるんがあって、そこだけ謎。ロシア語わからんし、チャイと言われて、お茶やなと、頼んだんだけど、これだけ値段ついてなかったし、、。金欠で、わからん時は、頼まない。勉強代。勉強代。

 

お昼を終えて、地下鉄再び。

f:id:amikasai31:20170512133541j:image f:id:amikasai31:20170512133607j:image f:id:amikasai31:20170512133645j:image

かなり、構内好きなんだわ。私。

f:id:amikasai31:20170512133749j:image

ボリショイ劇場

ロシア語でボリショイは、大きい。つまり、大劇場。佇まいに威厳がある。

 

向かう先は友人の旦那さんがとってくれたバレエ劇場。駅近くと言われていたが、なんと、まさかのクレムリン内。

演目は、ドン・キホーテ

f:id:amikasai31:20170512134017j:image 

このバレエとか芸術が日常にある感じ。

ロシアに感動しっぱなし。

f:id:amikasai31:20170512134056j:image

f:id:amikasai31:20170512134218j:image

舞台下にはオーケストラ。舞台も奥行きがある。バレエだからかな。

f:id:amikasai31:20170512134327j:image

f:id:amikasai31:20170512134408j:image f:id:amikasai31:20170512134447j:image

f:id:amikasai31:20170512134502j:image

カーテンコールは、撮影可能。

指揮者の挨拶で始まり、終わりも指揮者が出てきた。観客に花束持参の姿が多かったんやけど、カーテンコール終盤に舞台脇からステージ上で渡したい人に花束を渡していた。

観客の年齢層も、小学生から年配の方まで。ドレスアップしてきてる人が多い。こうやって、子供たちは学んでいくんだな。おしゃれとか、花束の渡し方とか。

 

ちなみにドレスコードって言って、服装の制限があるところがある。これ、ハワイで初めて知った時はびっくりした。サンダル、ジーパンはダメ。って。あの辺りからチノパンはくようになったかな。あと、襟のないシャツはダメみたいなのもあったかな。でも、無い人もいるから、結構借りる場所もあったり。あと、ハワイの時はムームーだっけ?現地の正装はok。世の中には知らない世界がいっぱい。

 

バレエの話に戻ると、演技の良さは拍手の大きさでわかる。すごい演技には、ブラボー!の声。魅了された。

 

以前、日本でも習ってた人がいて見に行ったことがあったけど、やっと少しだけバレエというものを理解した気がする。今、アメリカで頑張っている人がおんねんけど、アメリカとロシアは表現が違うんかなあなんて、ずっと思いながら見ていた。

 

本当にバレエすごい。オーケストラがあって、バレエダンサーがいて、内容を表現する。言葉が無いねん!オペラもそうなんだろうなあ。途中20分?位の休憩含めて3時間近く、言葉を発せず、魅了されるなんて!ほんまに、すごい!興奮!

f:id:amikasai31:20170512140304j:image

ちなみに、おまけ。後ろはクローク。

ダウンジャケットとかも預けなさいって指導されて、預けたのを取りに行った様子。ここは無料。みーんな利用してるの。根付いてるんだよね。

 

で、外へ。上出来すぎる。

f:id:amikasai31:20170512140745j:image

夜のクレムリン。美しい。しかも、、、

f:id:amikasai31:20170512140835j:image f:id:amikasai31:20170512140916j:image f:id:amikasai31:20170512140928j:image

わかるかなあ。雪が降ってます。

f:id:amikasai31:20170512140953j:image   f:id:amikasai31:20170512141031j:image

最寄り駅に着いて、スーパーに寄り、ロシアと言えばのお酒を購入。

苦手なので、1番小さいウォッカを。

うーん、、、、。何事も経験。ちなみに、路上や店でグビグビ飲んでる人をまだ見てない。確かに、スーパーで大量に買い込む人はいるんやけどね。

ウォッカ、美味しいって思える日が来るんやろか。

 

 

 

 

遂にモスクワ着。

4月29日に、ロシアに入り、

列車移動して、

5月10日、やっとモスクワに入った。

 

途中、色々寄ったのもあるけど、

それでも、ロシアは大きい。

ウラジオストクの方からなら、

だいぶ長いな。

f:id:amikasai31:20170511134148j:image

新しい二階建て列車を選択。

隙間風とかないから、逆に暑苦しくて

眠れなかった、、、

f:id:amikasai31:20170511134313j:image      f:id:amikasai31:20170511134404p:image

wifiもつながるみたいだけど、

携帯の番号入力があって、持ってないから使えない。その代わりにロシア鉄道のホームページは見れて、今の時速と地図が出る。二階建てだから、二階はかなり揺れた。フェリー以来やわ〜。

で、着きました。

f:id:amikasai31:20170511134745j:image

モスクワ カザンスキー駅。

ロシアでは?駅名に発着都市名がついていることがある。

カザン➡︎カザンスキー

モスクワ➡︎モスクワ駅

サンクトペテルブルク➡︎レニングラード駅〔サンクトペテルブルク

f:id:amikasai31:20170511134830j:image f:id:amikasai31:20170511140109j:image

構内が芸術。

で、宿を探すが、恒例の見つからないトラブル。仕方なく駅に戻り、KFCへ。

なぜなら、ロシア最大の目的、

"友人に会う "ってのが、10時に控えてたから!で、また、問題が!

 

ロシアは、つい最近フリーwifiにアクセスするには、列車同様、携帯番号を入力してsmsにくる番号を入れないと、使えないみたいやねん、、、。友人は使えると思ってる、、、連絡とりようがない。

人に電話貸して!とならないあたりは、まだ、感覚的には差し迫った危機感はなかったのかも。と、今なら思うが、、、

あれ?友人の番号知らんわ!

で、とりあえず指定された地下鉄の改札に行って10分待ってみる。いない、、

メールを見返すと、地下鉄のホームで。

ホームって、入らなあかんよな、、、入って同じ場所に出てこれるんかな、、、

KFCに待たせている旅友には会えんくても30分には戻ると言ってる。

とりあえず、入場せな!と、周りの人を観察。

 

旅人は

スキル 地下鉄切符の買い方

をゲットした。

 

入場。朝の通勤ラッシュ?これ、見つかるんかーい!あまり動かんと、見つけてもらう方が早いな。半径10m位でグルグル見回す。

 

あ、いたー!

映画のワンシーンみたいに〔思い込み〕

駆け寄ってハグ。逢えた時の喜びはすごい。帰国しても、携帯無しでやってみよーっと。人に逢えることの幸せを再認識できるな。

 

で、友人が宿に電話してくれて、

チェックイン。分かりづらい外観なのに、中はめちゃ綺麗。このパターン慣れたわ。まあ、昼にはつかなあかんな。

 

で、昼食。選んでくれたのが

f:id:amikasai31:20170511142100j:image

f:id:amikasai31:20170511150540j:image

丸亀製麺。絶妙なタイミング。

ダシがいいね。欲してました。

 

その後、クレムリン内にある武器庫へ。

入場に規制があり、券を購入しなければ入れない。14時30分の回に間に合うように移動。友人とは今日はここまで。3日間地下鉄、バス乗り放題チケットを買っておいてくれたり、本当に感謝。

 

武器庫は、武器じゃなくて戦利品とかなんかな?数々の馬車とか、馬具とか、食器とかがあった。全部、宝石とか銀とか金とか散りばめられていて、、、にしても、馬車がすごい大きくてびっくり。

 

日本はおそらく、籠に人を乗っけて、人が棒を担いで、エイサッサーって運ぶあれの時代。技術の進歩具合が違いすぎて驚く。そして、日本が今、それを追い抜いてるのも驚いた。

 

武器庫を見終わり、クレムリン内に戻ろうとしたら入れない!なんでやねーん。

武器庫は、クレムリンの端?数ある出口の1つの付近にあるから、見終わったらはい、出口。つまり、武器庫の入場時間前までに城塞内は見ときなさいってことか、、、わからんわ!また、1つ賢くなった。ちなみに写真は禁止でした、、、

 

とりあえず、出て、お待ちかねのこれ。

f:id:amikasai31:20170511144109j:image

 ワシリー寺院 

f:id:amikasai31:20170511144352j:image     f:id:amikasai31:20170511144427j:image

何で、こんな形にしたんやろ。

f:id:amikasai31:20170511144606j:image

みぞれがあがって、段々晴れてきた。

最後は、近くにあるグム百貨店。

f:id:amikasai31:20170511144251j:image

f:id:amikasai31:20170511144735j:image  f:id:amikasai31:20170511144812j:image

f:id:amikasai31:20170511144745j:image

f:id:amikasai31:20170511144838j:image  f:id:amikasai31:20170511144850j:image

テーマパークでしょ!これ!

何か、広すぎて疲れた、、、

 

夜は雪が降ったり、気温の変化が

酷すぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カザン3日目

今日は、天気が悪いから部屋から

ほとんど出なかった。

久々に休んだな〜!!って、

いつも休みや!

 

傘がないから、雪にならないと

雨合羽でもビチョビチョなんだよね。

バイカル湖の苦く冷たい思い出が、

今日は部屋にこもれと命令を下す?

 

明日はモスクワに移動します。

長いロシア移動の旅も終わりに近づく。

寂しいなあ、、、。

プーチンさん。

ビザ無しで、一年くらいおらして!