8/29 Bastille と レ•ミゼラブル

バスティーユ広場に行く。私がここに惹かれたのは、『レ•ミゼラブル』というヴィクトル•ユーゴーの作品の舞台だからだ。

f:id:amikasai31:20170830141102j:image

本の題名としては、『あゝ無情』と題されていた。本を13か、14才あたりで読んだ気がする。これも母がなんとなく勧めてくれたんじゃなかったかな、、、。で、数年前にミュージカル25周年記念かなんかのコンサートみたいなものがロンドンで行われて、それを日本では映画上映していた。二回見に行ったくらい、感動。

ニューヨークでは、ブロードウェイで観ることができた。偶然にも映画で見たALFIE BOE アルフィー ボーの公演日でこの上ない感動があった。

そしたら、ちょっと前にアンハサウェイや、ヒュージャックマンが演じて映画が上映された。アンハサウェイの歌をはじめ、改めてレミゼラブルに出てくる歌に感動。

f:id:amikasai31:20170830141608j:image

そして、、、今回、パリに来て、雰囲気や当時の様子をイメージできて、より今までのレミゼラブルが深まった。

長くなりましたが、、、バスティーユ広場には今は無い象の像があって、作品に出てくるガブローシュ少年が住んでいたらしい。ガブローシュ少年は、ルーブル美術館にあったドラクロワの『民衆を導く自由の女神』の女神の横にいる少年。

f:id:amikasai31:20170830141129j:image f:id:amikasai31:20170830141210j:image

映画の最後の方で、民衆が集まって歌い出す時に映し出されたのがバスティーユ広場だと思うんだな。 f:id:amikasai31:20170830141226j:image

バリケードもこんな路地に家財道具を積んだんやろうなあとか、、、1時間近くベンチに座ってました。

 f:id:amikasai31:20170830141643j:imagef:id:amikasai31:20170830141358j:image

ちなみに、この広場には、もともとバスティーユ牢獄があって、その方が社会の授業でも出てきた気がする、、。

f:id:amikasai31:20170830141418j:image

f:id:amikasai31:20170830141442j:image

f:id:amikasai31:20170830141443j:image

建物あとや、建物の一部や、地図が所々に。もちろん旅友調べによるもの。

f:id:amikasai31:20170830141510j:image

セーヌ川に続く運河。これ、映画の冒頭にジャン•ヴァルジャンが船を引張るシーンの場所じゃないのかな?と、どこを見ても、レミゼラブルにリンク。

 

パリに来て良かった。

感動の時間だった。


午後は、マカロン行脚に同行。
なかなか美味しいが、1、2個でいいかな、、、。ただ、スミレカシス味とか、パッションフルーツにチョコ、グレープフルーツ味、フランボワーズなんかは美味しかった。

f:id:amikasai31:20170830141738j:image 

次は、もうちょっとフランス革命をあたりの時期を勉強して、またレミゼラブルの地を追ってみたいな。

 

さあ、本日8月30日。

ロンドンに移ります。

8/28 Paris

特にやることを決めずして来たパリ。で、色々調べたら、色々あるんですね。やはり。

f:id:amikasai31:20170829083137j:image

今日、明日だけなので、あと月曜、火曜がぶつかる為、美術館の休館に当たってしまった、、、。モナリザか、ゴッホか、、、。モナリザにしました。

f:id:amikasai31:20170829083151j:image f:id:amikasai31:20170829083229j:image

旅友がルートを考えてくれて、、、。
まずは、ルーブル美術館へ地下鉄を乗り継いで行く。バルセロナで地下鉄の10回回数券の値引率が半端なかったので、パリの回数券はそこまでのお得感は無い。美術館の前売りとか買ってないので、朝早くに行く。そして、入場したら、まずモナリザへgo!

 f:id:amikasai31:20170829083245j:image f:id:amikasai31:20170829083356j:image

ここで、旅友がネット情報をダウンロードしてくれていたので、教えてくれる。袖は元々サフラン色とか。知らないと見過ごすことがたくさんやなあ。

f:id:amikasai31:20170829083510j:image

f:id:amikasai31:20170829083514j:image f:id:amikasai31:20170829083541j:image 

f:id:amikasai31:20170829083631j:image

後は次々に、美術の教科書で見たような作品を見て行く。

f:id:amikasai31:20170829083652j:image

ルーブル来て良かったなあ。よく分からなくても、近くのツアーガイドさんの話も聞けるし、1日いたい感じだ。

f:id:amikasai31:20170829083720j:image

午前中め一杯見て、ランチしてから旅友ツアーへ。

f:id:amikasai31:20170829083807j:image
凱旋門

f:id:amikasai31:20170829083834j:image f:id:amikasai31:20170829083903j:image

f:id:amikasai31:20170829083912j:image
そして、エッフェル塔へ。

f:id:amikasai31:20170829084015j:image
周りが素晴らしい。存在感と周りがマッチした感じがたまらない。思わず、ビリーをやってしまった。

f:id:amikasai31:20170829084106j:image
パリいいかも。

明日はバスティーユ広場。1番行きたかった場所かも。楽しみやな〜

8/27 le mont saint Michel

 f:id:amikasai31:20170829071250j:image

モンサンミッシェルって、海の近くにあるんじゃなかったか?

 f:id:amikasai31:20170829071325j:image

直前に変更もあって、とれたホテルはオーベルジュ。食事ができる宿。値段によっては食べるの迷うな、、、。と思いきや、バス停から距離もあり、着いたお昼はすごいお客さんの数。美味しいのか、有名なんかな、、、。日本人ツアーらしき団体さんまでいた。みんな、車で来てたみたい。そらそうや。気持ち遠かったし。

と言うことで、朝食もつけてもらう。ディナーも予約。荷物を置いて、とりあえずモンサンミッシェルに向かう。

f:id:amikasai31:20170829075638j:image

羊の放牧されている農場を歩く。モンサンミッシェルまでが、地続きなんじゃないかと思うくらいの開放感。思わず、ビリーエリオット(男の子がバレエの虜になっていく映画)をやってみてしまう。

f:id:amikasai31:20170829075536j:image f:id:amikasai31:20170829075524j:image

近づくと存在感が感じられる。

 f:id:amikasai31:20170829073941j:image f:id:amikasai31:20170829074027j:image f:id:amikasai31:20170829074050j:image

とりあえず、橋を渡りモンサンミッシェルを徘徊。中には夜拝観最終日って事で、夜行くことに。潮もひいていて、ポツンとしてた。で、宿に帰る。

f:id:amikasai31:20170829074003j:image
楽しみにしていた夕飯。この為に節約を重ねてきた。最初にフォアグラをチョイス。これが絶品。多分コースの中で1番美味しかった。メインは羊。

f:id:amikasai31:20170829074130j:image

f:id:amikasai31:20170829074131j:image

 f:id:amikasai31:20170829074153j:image

この辺りでは、有名らしい。塩分を含んだ草を食べているから、肉もやや塩味とのこと。言われてみれば、ほんのり味がするような、、、。デザートは食べきれないほどの五種デザート。付け合わせのほおづきが美味しかった。で、コーヒーを、、、と思ったら、旅友が『あっ!』というから、見たら夕陽が落ちかけている!!すぐに会計をしにいった。コーヒーは?ときかれたが、ごめんなさい。夕陽が落ちるから、無しで!と。隣席の二組の年配のご夫婦にsunsetが!と伝えたら、旦那さん達が、急に立ってカメラを取りに部屋に行った、、、。もうね、バタバタ。で、夕陽が沈むのを見終わったら、おじちゃんがやってきて、『言うのおそいよ〜』って言いながら、笑顔で握手。いやあ、ありがとうじゃないんかーい!と日本語で言っといた。

で、仕切り直して夜拝観に向けて、モンサンミッシェル再び。

f:id:amikasai31:20170829074605j:image

ビリーエリオット再び。

f:id:amikasai31:20170829074635j:image f:id:amikasai31:20170829074659j:image

ちなみに、柵越えは正規ルート

f:id:amikasai31:20170829074827j:image f:id:amikasai31:20170829074903j:image

いやあ、きれいですね。いつもおせわしてくれる妹にバースデーケーキ。おめでとう。
さて、モンサンミッシェル修道院?の中へ。ビックリ!これ、ホーンテッドマンションか?と言うくらいに、効果音やら何やら、、、びびってしまったわ!

f:id:amikasai31:20170829074953j:image f:id:amikasai31:20170829075023j:image f:id:amikasai31:20170829075118j:image

f:id:amikasai31:20170829075142j:image f:id:amikasai31:20170829075203j:image

前にいた外国人もキャーって。小さい子も怖がってるし。そら、昔牢獄としても使われてたしね、、、。で、ようやく出口になって落ち着くライト。斬新すぎるわ。

 f:id:amikasai31:20170829075221j:image f:id:amikasai31:20170829075234j:image

なんか、色々ひっくるめて、イメージくつがえされまくりのモンサンミッシェルだったな。

 f:id:amikasai31:20170829074918j:image

という1日を過ごして、翌日パリに移動。

 

8/26 Rennes レンヌ着

夜に着いて昼出発のボルドーでは、旅友が調べてくれたトラムを使い、街の中心へ。段々、旅友の下調べスキルがアップしてる、、、。私も何かスキルアップしよ。

f:id:amikasai31:20170826173248j:image

時間も短く、移動が長いので、ボルドーにもかかわらず、飲酒する気が低くなっていたのだが、メールなどで、ボルドーならワインだね!ワイン楽しんでね!みたいな反響があって、やはり来たからには、、、の気になってしまった。

 f:id:amikasai31:20170826173301j:image f:id:amikasai31:20170826173343j:image

ワインの委員会みたいなのが、開いている試飲できる場所へ。旅友が地図調べしてくれたのもあって、到着。ちなみに、町のinformation center前にありました。

 f:id:amikasai31:20170826173355j:image 

なんか汚い格好の自分と、バイヤーさんみたいな人が数名、上品にワイングラスをかたむけている人がいるので、入りにくいが、まあいいでしょ。断られたら帰ろう。

f:id:amikasai31:20170826173426j:image

受付みたいな人に、試飲はできるか確認。笑顔で中にどうぞ!って。笑顔っていいね。で、カウンターへ。どうやって頼むのかきくと、丁寧に教えてくれた。

ワインは詳しくないので、お店の人に、赤、白それぞれ、日本に輸出されていないもので、典型的なthe ボルドーなタイプをお願いします。と伝えたら、またもや笑顔で、良いチョイスだね〜。任せて!みたいな事を言われた。

f:id:amikasai31:20170826173515j:image

待っていると、運ばれてきた。説明されたが、詳しくは覚えていない。
白はsourvinionが60%、melroが20%位、あともう一種が20%位と言われた気がする。魚介類の料理に合うよ。と。赤は、2種類メインのがあって、もう一種類がちょっとだけなのかな、、、?数字がたくさん出てきてしまい、わからなくなりました。

 f:id:amikasai31:20170826173708j:image f:id:amikasai31:20170826173712j:image

味はというと、白は匂いが本当に果物そのもので、匂いの割に甘くない。飲み終わった後のグラスの香りがラズベリーみたいな香り。確かに、白身魚のソテーや、魚介類に合うやろな。

赤は、味がしっかりしていて、渋みが強い。香りは白の方が強い。ちょっと癖があるから、やはり味の濃い料理とともに食べたい感じがする。
とまあ、ソムリエ風に言葉にしてみたくなる。

f:id:amikasai31:20170826173539j:image

f:id:amikasai31:20170826173549j:image

そんな雰囲気のある町。ボルドー。2015年には、フランス人が訪れたい町2位になったというだけある。

f:id:amikasai31:20170826173612j:image

あとは、専門外だが、旅友調べによると、カヌレ発祥の地らしく、二軒訪問。そもそも、ワインを作るときに卵白を使用するので、残った黄身を使って作ったらしい。アルコールの味がほんのりして、とても美味しい。

 f:id:amikasai31:20170826173729j:image

世界遺産となった『月の都』も、トラムからチラッとしか見てないけど、ボルドーオススメ都市に入る感じです。

 

さあ、今はレンヌ。これから、目的地に向かいます。地図を見て!

8/25 Bordeaux

昨日、9時間バスに乗り、バルセロナからボルドーに来ました。

f:id:amikasai31:20170825161505j:image f:id:amikasai31:20170825161520j:image

今から散策して、その後rennes レンヌという場所に移動。

 f:id:amikasai31:20170825161550j:image

さあ、ワインは飲めるでしょうか。

そして、レンヌの後に目指す場所はどこでしょうか?

 

8/20-24住みたい。barcelona

芸術が染み込んでる街バルセロナ

f:id:amikasai31:20170824145918j:image

初日は、ドイツ留学を終えた教え子と再再会。ちょっとした緊張感と共にスーパーでご飯だけの買い物で終了。

 

2日目は、グエル公園へ。ガウディという人の作品は、曲線美が美しい。言葉は要らない。さあ、どうぞ。

f:id:amikasai31:20170824150005j:image f:id:amikasai31:20170824145811j:image

 f:id:amikasai31:20170824150126j:image f:id:amikasai31:20170824151416j:image

その後は、カンプ・ノウというFCバルセロナサッカー場見学。

f:id:amikasai31:20170824151622j:image

f:id:amikasai31:20170824151635j:image f:id:amikasai31:20170824151824j:image

3日目は、カサバトリョと

f:id:amikasai31:20170824165612j:image f:id:amikasai31:20170824170855j:image

カサミラ。

f:id:amikasai31:20170824170823j:image
時間もあったので、会えるかどうかわからなかったけど、友だちを訪問してみる。バルセロナに入って、高校の時の部活のチームメイトからメール。高校の同級生が、お店開いてるから機会があれば行ってみて!と。見ると店内はスペインの人や、観光客でいっぱい。

f:id:amikasai31:20170825044321j:image f:id:amikasai31:20170825044404j:image

f:id:amikasai31:20170825044508j:image f:id:amikasai31:20170825044541j:image

FAN -Shoronpo Japonés-Ramen

激ウマ 小籠包。餃子。冷やしラーメン。冷やし坦々麺に舌鼓。海外で頑張ってる彼の姿輝いてるなあ。刺激を受けた再会。本当にありがとう!連絡くれた友人にもありがとう!

 

夕方から、サグラダファミリアへ。言葉がない。

f:id:amikasai31:20170825045125j:image f:id:amikasai31:20170825045136j:image f:id:amikasai31:20170825045357j:imagef:id:amikasai31:20170825045324j:image f:id:amikasai31:20170825045517j:image

f:id:amikasai31:20170825045217j:image

バルセロナ、良い!住みたい!かなーり気に入った。夜は、友人が教えてくれた海辺の店を予約して、パエリアとサングリアを味わう。スペインの味。彼曰く、スペインで安いパエリアとかだと、冷凍を温めてるから、人に聞いて、ある程度お金を払って食べた方がいいよ。と。そうなんだろうな。安くしたければ、タパスとか、小皿料理になるんかな。雰囲気も含めて、スペインに来たなあって美味さ!

f:id:amikasai31:20170825045630j:image f:id:amikasai31:20170825045659j:image

4日目。街をぶらぶらして、買う物を買って、夜は協力隊の訓練期間に仲良くなった友人に17年ぶりに会えた!バルセロナに来たのは、彼女に会うことが第一目的!

f:id:amikasai31:20170825045924j:image 

f:id:amikasai31:20170825045948j:image

f:id:amikasai31:20170825050001j:image

びっくりしたのが、この友人と、小籠包をやっている前日会った高校の同級生が知り合いだったこと。世界は狭いな。楽しい時間、良い刺激をまたまた受けてお別れ。バルセロナで再会した2人が同じことを言う。

 

どうにかなる。自分の人生だから、やってみたらいい。ただ、覚悟を決めてやってきたかな。って。何がなんでも、ここでやるんだって。まあ、どうにかなるって思ってる。って。

 

大切な事を教わりました。
ありがとう。

 

muchas gracias!!

hasta luego!!

 

 

 

8/20 Barcelona

早朝 マルセイユ

f:id:amikasai31:20170821125549j:image
今、私は旅友とローマから合流した旅友の教え子と、旅を続けている。更に、昨日は、ドイツで再会した教え子と合流。留学期間を終えて帰国前にバルセロナに行くというので、じゃ、会うか〜!みたいな軽いノリから実現。意外に長く旅をすると、何回か会うタイミングが出てきて、今日もベルリンで再会した友人やプラハでお世話になった友人から、この期間はどこどこに行くねんけど、そこらへんにおる?みたいなメールをもらった。

f:id:amikasai31:20170821125617j:image

私らは朝7時10分発。マルセイユからのパリののどかな風景。

f:id:amikasai31:20170821125130j:image

国や場所がかわると、似てる風景もあれば、ちょっと違う部分もあって、畑や家屋を見ていても飽きない。

 

8時過ぎくらいに、教え子から着きましたとのメール。早すぎやろっ!と言う事で、お茶して待っててくれました。事件が無ければ、ブラブラ出来たやろうけど、今はできひんな。この共通理解に安心。やはり、安全に帰国する事が、第一使命だから。ホステルがシャッター閉まってたみたいで、開く頃に先に行ってチェックインもしてくれていた。やるな。

f:id:amikasai31:20170821125146j:image f:id:amikasai31:20170821125133j:image

途中で、トイレ休憩。フランス語の案内。わからず、周りの人に聞きまくり。優しい人ばかりで、みんなが身振り手振りで教えてくれたが、数の表現が違いすぎて、結局運転手さんが、時計で教えてくれた。30分休憩。混んでいたトイレから帰ってまだ、あと10分ある。

、、、久々にやっちゃう!?

communication time!バルセロナまで、あと3時間。バス内留学タイム。

f:id:amikasai31:20170821125652j:image

フランス語、スペイン語クラス。

フランス語は、発音ができてないと総勢6人がかりで指導を受ける。

メルシー ありがとう への返答。

が、これは無理やなと判断され、違う表現を習う。おばちゃんの1人は、あなたは、メルシーを言う側しかならないから、要らないわよ。と言っていた(旅中に訓練されて冴えてくる直感)と思う。

バスが出発し終了。別れ際に、またね!って言おうと決意してネット検索して準備するも、特にお世話になったスペイン語のお姉さんに言う機会なくお別れ。言いたかったhasta luego アスタ ルエゴ!やっぱり伝えたい想いは、その場で伝えなあかんな!

 f:id:amikasai31:20170821132103j:image 

 国境も越えて、いざバルセロナへ。事件の後だけど、旅行者沢山。緊張感と慎重さを再認識して。

f:id:amikasai31:20170821132514j:image

桜田ファミリア。もとい。

サグラダファミリア!!テンション上がる。一瞬でこの街が気に入った! 

と言う事で、教え子と宿で合流。
昨日は、宿のある一角だけブラブラして、スーパーで買い出しして、終了。ご飯食べて、翌日からの行程を計画。

ここにきて、風邪をひいてしまったようで、早目に薬飲んで就寝。
原因は、季節の変わり目によるもの。イタリアでチョコのお店の人にきいたら、8月15日はイタリアは大きな休みの日らしい。あと、夏と秋?の変わり目なんだって。確かにこの日を境に気温も風も、空の様子も変わった。
ローマまで、暑くて40度近かったんが、この日を境に30度台前半でおさまってきたから。

普段は薬とか、ほとんど飲まないけど、昨日の晩から風邪薬飲み始めました。早目に早目にね。と言う事で、体を休めます。hasta luego!chao!